教育体制

Build Mind Wear

入社後は、DTSグループ(日本SEが所属する企業グループ)の教育研修を専門に行なう会社が実施する新入社員研修を受講。約3ヵ月もの間、じっくりと学ぶことができます。同期と切磋琢磨しながら、技術と知識をどんどん習得していけるカリキュラムです。まず初めに「社会人基礎研修」で、仕事をする上での心構えやマナー、文書作成など、ビジネスの基本を身につけます。次に行われる「IT基礎研修」では、コン ピュータの基本となるアルゴリズム、ネットワーク、データベースをはじめ、お客様とのコミュニケーションに欠かせないビジネスメールの送り方や文章作成などを学習。「SE基礎研修」では、SEの基本的な仕事の流れについてロールプレイングを交えながら学ぶほか、技術スキル以外に身につけておきたい財務分析やコミュニケーショ ンの取り方、実務上で起こりうるトラブルの報告方法などもここで習得します。最後は「技術力向上研修」。「Javaコース」と「基盤コース」に分かれていて、それぞれ 基本となる知識と技術を習得したのち、新入社員研修の集大成として数名ずつのプロ ジェクトチームを組み、実際に自分たちが作ったシステムを発表します。

  • OJT研修

    OJT training

新入社員研修でビジネスや技術の基礎を身につけたあとは、仕事をしながら現場でスキルを磨いていきます。「わかる」を「できる」に。先輩たちやお客様から多くのことを学びながら、一つずつ気づきを積み上げ、スキルアップしていきます。もちろん2年目からは、あなたも教える立場。後輩に教えることで、自分も成長することができます。

  • スキルアップ支援

    Skill up support

研修だけでなく、資格取得支援制度や通信教育割引制度など、技術者のスキルアップをバックアップする制度も充実。どんどんチャレンジして、新しい技術を自分のもの にしてください。